史上最高のギャンブル映画

運が勝敗を左右するゲームは理想の筋書きです。ギャンブル映画では、いちかばちかの勝負がよく利用されます。舞台にカジノが使われている映画も数え切れないほどあります。カジノを舞台とした映画の中でも最高の作品の一つは「ハングオーバー!」でしょう。一作目の「ハングオーバー!」では、トッドが誘拐されたと勘違いした友人仲間が彼を救うためにお金を手に入れる計画を考え出すという筋書きです。この作品にはカードカウンティングのような戦略が登場します。プロのポーカープレイヤーに聞くと、この映画はポーカーテーブルでプレイする時の戦略を正確に描写していると言うでしょう。 

コメディの面白さはさておき、この映画はプロのポーカープレイの様子を正確に描いており、適切なツールを携えてプレイしに来た時にしか大勝利を収めることができないというカジノの本質をよく表現しています。しかし実際には、他のプレイヤーもプロ並みの上級者であることが多いため、簡単には勝てないものです。そして、賞金が大きければ大きいほど、手強い相手に当たる可能性も高くなるのです。